見えない相手への気遣いが大切!

こんにちは!

ネクスゲートサポートデスクの積田です!

すっかり日が落ちるのが早くなり肌寒くなってきましたね。。。

さて、今回は、皆様にビジネスマッチングで商談上手になる必勝法として魅力ある文面作りが大事であることをお伝えしたいと思い、みなさんが明日から活用できるビジネスメールの作成方法をこれからご紹介させていただきたいと思います!!

すでにご存じの方でも再確認をしていただけると嬉しいです!

ところで...ビジネス文章ができるとどんなメリットがあるのでしょう!?・・・


  • お客様や取引先と円滑なコミュニケーションができます

  • メールだけで仕事を獲得できます

  •  お客様と強固な信頼関係を築くことができます

  •  社外とのやりとりはもちろん、社内のやりとりにも活用できます

  •  お客様の心をつかみ、あなたのファンにすることができます

  •  情報の行き違いによる不要なトラブルを防ぎます


ヘエ~、たくさんメリットがあるんですね~!!

商談上手・ネクスゲートではビジネスメールで仕事が獲得できる手段としてとても重要な役割をすしますよね!

挨拶はどんな場面でもマナーとしてあるのに、メールとなると挨拶文もなくて自己紹介から始まる方やいきなり本題に入る方がいるのですが、みなさんもそういった経験はありませんか?

初対面の挨拶は3秒で印象が決まるといわれますよね...

メールならなおさら相手の顔が見れないのでビジネス文章が出来る人とできない人では、仕事の場面で大きく変わってくると思うのに...

では、相手に好印象を与えるメール作成のテクニックとはどういものなのでしょうか!?

ポイント1:礼儀にこだわる

相手の呼称は「○○様」。文章は、尊敬語、謙譲語、丁寧語を使いかしこまった印象に。

ポイント2:相手に安心感を与える

会社名、氏名を名乗り、自分が何者かが相手に分かるよう、自己紹介はしっかり!

ポイント3:返事をもらえることを目的にする

メールを送った明確な理由、的確な質問をすることで相手に興味をもってもらう!

なるほど~!深いなぁ~。。。

丁寧かつ伝えたい目的を明確にした文面を心がけることで相手に上手く伝わり

好印象になるのですね!!

つまり、見えない相手だから気遣いが大事なのですね!

では、ネクスゲートで商談上手になるために他には何が必要なの??


  • なぜ、その人に依頼するのか、相手を称えた上で、明確な理由を述べることでよりオリジナルドを増す

  • 「会ってほしい」という要望を入れることで、インパクトアップ!

  •  締めのあいさつをいれて好印象を残す


なるほどですね~!

次につなげるためにインパクトを残すことは絶対必要ですね!

メールによるコミュニケーション力の向上と成約率アップにつなげたい!と思う人は
明日からぜひ活用してみてはいかがでしょうか!?

私も心がけてみます!

積田のプチ講座でした...(^^)v